毎日鬱々とした気分が続くのなら、安心を与えてくれる心療内科へ

元気な女性

最新記事一覧

花を持つ女性

心の病気

東京の心療内科では、社会不安障害で悩む患者が多くいます。この社会不安障害とは、人前で緊張のせいで話しにくくなったり、赤面してしまう症状の事です。重篤なケースになると、会社や学校に通えなくなります。心療内科では、薬物療法などで対応しています。

相談する男性

心療内科に相談

近年では、東京の心療内科に不眠症の症状で相談する方が増えています。この不眠症とは、毎日の生活できちんと睡眠が取れない症状の事です。心療内科では、患者さんの話を聞いて原因を取り除いたり、睡眠導入剤で治療を行います。

東京の心療クリニック

心療内科の現在の取り組み

社会の複雑化や長年続いた不景気によって、心の病気を患う人が増加しています。うつ病を患って会社を辞めたり、休職する人も増えており、国を挙げてうつ病の予防に取り組んでいます。 東京の心療内科では、誰でも気軽に通院できるように、通いやすくするための取り組みを行っています。院内の雰囲気はとても明るくなっており、医療スタッフは患者さんの身になって優しく診察してくれます。 東京の心療内科では、カウンセリング時のインフォームドコンセントの強化に取り組んでおり、患者さんにわかりやすく説明することに心がけています。治療の内容や薬の種類などは、できる限り医学の専門用語を使用せず、誰でも理解できるように説明を行っています。

医療機関の利用方法

初めて東京の心療内科を受診する時には、健康保険証を持参して、受付のスタッフに提示します。これにより保険診療で治療を受けることができ、初診料や薬代を合わせて5000円程度で治療が受けられます。 診察を受ける前には問診票が渡されてますので、診察を待っている間に問診票に必要事項を記入します。問診票はわかりやすく記入できるようになっており、深く考えずに簡単に記入するできます。 東京の心療内科の中には、臨床心理士が在籍している病院があります。そのような病院では、医師の診察を受ける前に、臨床心理士との面談が行われます。臨床心理士と面談をすることによって、医師の診断の精度を高めることができます。その後は医師の診察が行われ、治療方針が決定されます。

ネット検索で病院を探す場合

誰しも気持ちに不調を感じることはありますが、その不調が日常生活に支障をきたすほど強いものであり、数週間以上も続くという場合は、やはり専門機関への相談をお勧めします。 例えばうつ病など精神面のみに不調があらわれていると感じる場合は精神科、気持ちの不調が身体にもあらわれていると思われるなら、心療内科をまずは受診してみるのが良いと思います。 どの科を選択すればいいのかわからない、というときは保健所や精神保健福祉センターなどに相談するといいでしょう。 そして次に、例えば東京にある病院をネットで探す場合、東京をはじめ各都道府県ごとに、病院の所在などを調べることができる厚生労働省のサイトが便利です。 また、東京都のサイトにも同じ情報が掲載されています。 東京のみならず、同様にして他の地域でも探すことができます。

「精神科」と銘打たないこともある

現在、精神の不調を診る病院の看板の表記は少しややこしいことになっています。 「精神科」、と掲げると抵抗を感じ受診しづらいと思う方に配慮し、実際には精神科を専門とする病院などであっても、「心療内科」と表することがあるのです。 また「心療内科」の表記だけではなく、病院名においても配慮がなされることがあります。 例えば「・・精神診療所」、とすると敷居が高いと感じる方もいるため、「・・メンタルクリニック」などとカタカナにして印象を和らげようとする工夫などがみられます。 この配慮自体は現実に即した、無理もない対応だと思うのですが、残念ながら受診を考える方々に、精神科と心療内科の区別において混乱を与えている側面もあるようです。 それなりに調べてはみたが、地元の病院の専門がどうもよくわからない、という場合は、直接電話などで問い合わせてから受診するのがいいかもしれません。

ピックアップ

東京で心療内科を探す

上を向く男性

心療内科は精神科と混同されやすくまた両方を標榜するクリニックも多いが、その対象疾患や治療方法も異なる。東京においてすら心療内科の専門家は少なく、きちんとした医療を受けるには、精神科と心療内科が独立した病院にかかることが重要である。

More...

心療内科で多い相談

談笑する女性

東京の心療内科では、パニック発作で悩み患者が多くいます。パニック発作とは、何の前触れもなく息が苦しくなったり、手汗、痺れなどが出る症状です。心療内科では、基本的に薬物療法、心理療法などで治療を行っています。

More...