毎日鬱々とした気分が続くのなら、安心を与えてくれる心療内科へ

心療内科で多い相談

心療内科で扱うパニック発作とは何か

談笑する女性

東京の心療内科では、近年、パニック発作で悩む患者が増加しています。このパニック発作とは、前触れもなく息が苦しい、冷や汗、しびれ、強い不安が起こる症状です。この病気の特徴は、患者本人や周囲の人が全く発作が起こることを理解できない事です。ほとんどの場合、最初は何が原因か分からず、困惑することが多いです。 ですが、日常的に発作を繰り返すと、人が多くいる場所で過剰な不安にさらされます。また、あの時のように発作が起こるのではないかとおびえ、症状に過敏になってしまいます。そのため、自由に外出ができなくなり、生活の制約が増えてしまいます。そして、自分に自信をなくし、重篤な場合、鬱になることもあります。ですから、早期に東京の心療内科で治療を行なう必要があります。

効果があるとされる治療方法

東京の心療内科では、パニック発作を軽減するために色々な治療を行います。まず一番は、薬物療法が有効と考えられています。ですから、患者の症状や状況に応じて、薬を選択していきます。基本的にパニック発作では、発作を抑える効果がある薬を処方することが多いです。発作がなくなると、自分に対する自信を少しずつ取り戻りことができます。そのため、日常生活での不安が減って、発作の出現を減らすことにつながります。 また、パニック障害では、パニック発作の苦痛のために生活が消極的になる事が多いです。東京の心療内科では、消極的な生活を断ち切るために心理療法を取り入れています。心理療法では、日常生活の過剰な不安を取り除く、生活スタイルの改善などを行います。