毎日鬱々とした気分が続くのなら、安心を与えてくれる心療内科へ

東京で心療内科を探す

心療内科とは何か

上を向く男性

心療内科とはなんでしょう。心療内科はよく精神科と混同されることがあります。しかしながら、心療内科と精神科の治療対象は異なります。精神科は精神疾患で、心療内科は心身症です。心身症とは、心の不安定さやトラウマが原因となって引き起こされる体の症状のことを言います。よってその治療方法も異なり、精神科が、症状から診断をつけその理由について深く立ち入らずに薬でコントロールするのに対し、心療内科はその原因となる事象を探り、そこにアプローチすることで根本的な解決を図ります。当然ながら重篤な症状に対してはまず薬の投与を行いますが、治療としては薬の投与だけではなく、過去の記憶、現在の環境、心の状態の把握などが行われ、治癒に向けて治療していきます。

東京で病院を探すには

東京にて心療内科の疾患にかかった場合やその恐れがある場合、心療内科にかからねばなりません。ただ心療内科の専門家が東京でもまだ少ないために、街中の精神科と心療内科を標榜しているクリニックの大半は精神科の医師が行っています。よって心身症の治療に際しては、精神科と心療内科が分かれているような大きな病院にかかる必要があります。幸い東京には大学病院を始めそのような病院が多く、見つけるのに苦労は要りません。ただ上述の通り東京でも専門家が少なく、また1回にかかる診察が長いので、予約はだいぶ先になるかも知れません。受診する際にはご家族と同伴の方が宜しいでしょう。ただ初診で治るわけはなく、様々な検査、心理テストを行って日数的にも長時間かけて診断を治療をすることになります。